保険


日本人の保険加入率は世界でもトップクラス。我が家でも夫と私が二つ、子どもたちは一つづつ保険に入っています。
さらに車の保険、マンションの保険にもはいっています。

それほど身近な保険、でもそれぞれの役割やしくみを理解しているかといったら・・・保険のおばさんに何度説明されてもなかなか分からず、なんとなく保険に入っているという状況です。
これではいけない!

ほんのちょっと保険について調べてみました。

保険には大きく分けると

○生命保険・・・人の命や身体に対してかける。
 @貯蓄を兼ねた保険=将来の必要資金をためつつ、万一のときの保  障もある
 A医療保険=病気やケガで入院・手術をしたときに備える
 B死亡保障の保険=万一のときにまとまった保険金がもらえる
 
○損害保険・・・それ以外のすべてを対象にする。
 C傷害保険など=旅行やスポーツなどの事故やケガに備える
 D住まいのための保険=火災や地震などに備える
 E自動車保険=事故に遭ったときに備える

いくつか保険をあげてみます。

・個人年金保険は老後の公的年金が少なく、自分で老後資金を用意ししなければならない人や老後の生活に備えたいが、お金の管理や運用が苦手な人の保険です。
将来に不安を感じ始める40代後半から、検討したい保険です。

・子ども保険は子どもの大学費用などを貯蓄で計画的に貯めるのが苦手な人や子どもが複数いて、新学時期などが重なりそうな人、親の死亡保障が少し足りず、貯蓄を兼ねて保障を増やしたい人のための保険です。
貯蓄性を重視するなら、特約なしのシンプルな子ども保険がベストです。

・自動車保険は車を保有または運転する人はだれでも絶対に必要です。加入義務がある自賠責保険に対して、任意保険と言われますが、今の時代は必ず必要と思っていましょう。

・住まいの保険はマイホーム取得時に住宅ローンを組む人は、建物の火災保険加入は必須です。賃貸住宅の人も契約時の加入条件になっている場合もあります。
災害や思わぬ事故から、自分の財産を守りたい人などの保険。


保険の種類はまだまだいっぱいあってこれだけではありませんが、私たちの生活にかかわりの深い保険です。
これを機に、ちょっと我が家の保険もちょっと見直してみようと思います、さらにもっと詳しく調べてみたくなりました。








| 感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。