糖質カット


お家で飲み物といえばお茶・紅茶・コーヒー喫茶店
外出するとお家では飲めないものが飲みたくなって、ジュース類やココアなど、缶コーヒーなども飲みたくなります。

そこで最近、『糖質カット』『糖質ゼロ』と書いてある缶コーヒーやビールを見かけます。カロリーをおさえた商品を開発しているんですねわーい(嬉しい顔)
メタボの中高年の方にもうれしい傾向ですねグッド(上向き矢印)

サントリーからは糖質を20%カットした「野菜カロリー計画」という野菜ジュースを発売したそうです。野菜の中でも糖質の低いトマトやニンジンなど8種類の野菜と、オレンジなど4種類の果汁がバランスよく配合されているそうです。

また、アサヒ飲料は缶コーヒー「ワンダ ゼロマックス」を発売。この商品はミルクを入れたブレンドコーヒーなのに「糖質0(ゼロ)」なのです目
缶コーヒーはドライブインなどでは必ず買うので、これからは糖質0(ゼロ)の商品を選ぼうと思います。甘すぎてかえってのどが渇いてしまう飲み物もありますからあせあせ(飛び散る汗)

缶コーヒー1本で砂糖大さじ2、3杯分の量が入っているとも言われますから、気をつけたいですね。でも缶コーヒーっておいしいから好きなよね〜
最近の缶コーヒーは香りが良いし、味も奥深いと思います手(チョキ)

4月からは40〜74歳の方を対象に、腹囲測定を義務づける特定検診が始まりました。清涼飲料市場でのカロリーを抑えた「糖質カット」商品がどんどん発売されるんでしょうね。


缶コーヒー好きの方には選ぶ種類も増えてうれしい限りですね、またカロリーを気にしている方にも朗報です喫茶店
私も缶コーヒーは好きなのでこれからもおいしくて、糖質カットの商品を開発していって下さいね〜おねがいします揺れるハート
| 感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。