あぶり餅


あぶり餅とは、食べるだけなのに、病気や厄除けなどにご利益があるとされていて、多くの人に好まれて食べられているお餅です。

このあぶり餅は、私が京都のガイドブックに写真が載っていたのを見たときから「一度食べてみたい」とずっと思っていたお餅です。
その写真には串刺しの小さなお餅に焼いて焦げ目が付いているものでした。
「どんな味がするんだろうexclamation&questionいつか必ず食べに行こう」と思っていました。

あぶり餅は、親指ぐらいの餅を竹串に刺して、炭火であぶり、白味噌のタレを塗り、串に刺してあぶったおかきや煎餅のことを言います。

このお餅が食べられる場所は、京都市北区の今宮神社や神明宮などにある和菓子屋が有名です。

私がこのあぶり餅を始めて食べたのは、大阪生まれのの夫と結婚し子どもが生まれ3、4年した頃にやっと今宮神社を訪れて口にすることができました揺れるハート
ガイドブックを見て5年の月日がたった時でした。

味は思っていた通りのあじで、白みそのたれはほんのりと甘く上品な味でした、子どもたちも「おいしいおいしい」るんるんとご機嫌でしたグッド(上向き矢印)
久しぶりにまた食べに行きたいものです車(RV)


京都市北区の今宮神社に並んでいるお店は、平安時代頃から展開している日本最古の和菓子屋さんで、応仁の乱や飢饉の時などに庶民に振舞ったとされています。
古くから守り続けられている素朴な風味とその形姿は、孫がおばあちゃんに連れられて一緒に買いに来る程、あぶり餅は世代を超え地域の人達に食べられています。

その人気の秘密は、長い歴史の中かたくなに味を守り続け、次の世代、そのまた次の世代へ変わらない素朴な味を伝えているのかもしれませんね。

他にも京都でもめずらしい「水琴窟」などもあり、日本古来の癒しの音色を楽しむ事が可能です。

またあぶり餅で使われている竹串は、今宮神社に奉納されていた斎串です。
この竹串は、今宮神社で毎年4月の第2日曜に行われている「やすらい祭」の鬼の持つ花傘の下に入るとご利益があるというのを例えとしているそうです。

また、石川県金沢市金沢五社の神明宮は、犀川大橋と広小路の真中に位置しています。
金沢旧5神社の一つとして、「お神明さん」として地元の人に親しまれているそうです。
「お日待ち祭り」とも呼ばれている春祭(5月15〜17日)、秋祭(10月15〜17日)では、境内で菱形のあぶり餅が販売されています。

そしてこの餅を串ざしにして天井に刺すと、家庭のお守りとなると言われ、他にもこれを食べると無病息災で生活出来ると言われているそうです。
| 感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。