足湯で全身あったか!


温泉地やスキー場などでも見かけるようになった足湯。
夏休みに伊豆高原へ旅行に行ったときには、伊豆高原駅前に足湯がありましたよいい気分(温泉)私も入ってみました、程よい温度の温泉でリラックスできました。
冷え性の私は夏でも冷房などで足が冷たくなるので、足湯はとても気持ちがよかったです、服を脱がなくてもよいので手軽に入れますよねグッド(上向き矢印)
お家でもバケツにお湯を入れて足を浸して手軽に足湯が楽しめます。

足は心臓から遠く、血流が悪くなるので冷えやすいそうですあせあせ(飛び散る汗)。体が冷えると体は内臓の温度を保つため手足など末端の血流を収縮させてしまいます。
女性は冷え性という方がとっても多いです、私もその一人。冬は苦手です雪
女性は男性に比べて男性に比べて筋肉の量が少なく、食べ物の摂取量も少ないです。筋肉は体の中で熱を作りますから筋肉量の少ない女性は冷えやすいんですね〜。


手軽に温めるために、足湯の効果的な入り方とはどんなものなのでしょうかexclamation&question

☆お湯はひざ下まで入れましょう
☆体が温まるまで20〜30分位はつかりましょう
☆お湯が冷めないように、温かいお湯をつぎ足すまたは交換しましょう
☆足湯の温度は人それぞれの冷え具合によって違うので、自分が気持ちいいと感じる温度で

足湯に自分のお気に入りのアロマオイルかわいいを垂らせば、リラックス効果も高まりますぴかぴか(新しい)

気をつける点は
☆汗をかきそうになったら上着を1枚脱ぎましょう
☆足湯の後はしっかり足を拭いて!皮膚に水が残ったままだとしもやけの原因になってしまいます。乾燥が気になる人は、保湿クリームつけて。

糖尿病の方は低温やけどを避けるため、お湯は温度計を使って測りましょう!!


『スチームフットスパ』という商品は100mlのお水を蒸気にして、約15分間足を温めることができるそうですグッド(上向き矢印)さらに、ふくらはぎを遠赤外線ヒーターで温めてくれ全身も温まります。
使った後は危機を開けて、中をふくだけでOK手(チョキ)
バケツにお湯を入れたり、捨てたりする作業がすこし面倒と思う方には最高の商品ですね。お値段は15000円前後で家電量販店で売られているようです。

まだまだ寒さは厳しいです、足湯を利用して冬を快適に乗り切りましょう。

| 感想

電動アシスト自転車


子ども達を自転車の後ろと前に乗せていた頃、電動アシスト自転車がとっても欲しかった〜
子どもが小さかった頃は、前後に子どもを乗せて自転車に乗っても走り出すのにそれほど力はいりませんでした。でもだんだん子どもが大きくなると走り出しにはとても力がいりますあせあせ(飛び散る汗)、ましてや坂道などがあったらもう大変ですあせあせ(飛び散る汗)

約12年程前は、電動アシスト自転車の値段は高く、私は「自転車の後ろと前に子どもを乗せるのもあと数年だから」と思い電動アシスト自転車はあきらめました。
当時は自転車自体の重量も重く、充電1回で走れる距離も今ほど長くはなかったと思います。

最近の電動アシスト自転車は変わりました(そりゃぁ〜10年も経てば変わりますね)当時の形はママチャリ型でしたが今はとてもスタイリッシュ手(チョキ)かっこいいんです。

重いと思っていた重量も、いまは超軽量化されていて、ママチャリタ
イプの半分程度の重量になっているそうです。

充電1回で走れる距離もかなりのびていて、走行距離61キロのものもあるそうです。さらに、電動アシスト自転車である上に折りたたみ式の自転車まであるそうです目これなら車に積んでアウトドアの時にとても役に立ちますね手(チョキ)

私がいいな〜と思ったのは、パナソニックサイクルテックの「EZ(BE−EPZ01)」です。なんといってもかたちがモトクロスタイプでスタイリッシュグッド(上向き矢印)太いタイヤを使っていますので山道なども走れます!
一番は主婦に嬉しい荷台が3つも付いていること。後ろと前、そしてタイヤとサドルの間にセカンドバッグが積める荷台も付いています。
とても欲しくなってしまいました。
希望小売価格99800円です。

今の自転車は買って10年以上経っています、そろそろ買い替え時と思っています。夫にも相談してみようと思いますぴかぴか(新しい)
| 感想

花粉症に負けない食事と生活


健康な体作りは、日常の生活や食事がとても大切です。
偏食や睡眠不足、ストレスは免疫機能が低下し花粉に負けやすい体になってしまいます。日頃の心がけで、ある程度までは花粉症を予防することができるといわれています。

花粉症にならないための食事レストラン喫茶店の心がけは、高カロリー・高脂肪の脂っこい料理はアレルギーの発症と関係の深い免疫グロブリンの産出を促してしまいます、脂肪の多い食品は減らして野菜を増やすように心がけてみましょうるんるん

それにはやっぱり手作りの食事を心がけて、インスタント食品や加工食品は控えて旬のもの、地のものを使った食事づくりをexclamation

おススメの食材は、魚。魚に多く含まれる脂肪酸はアレルギー性の炎症に関連深い物質の産出を低下させてくれるという報告があります。
イワシ・アジ・サワラなどの魚には多く含まれています。一週間の半分は魚を食べるようにしてみては。

それから、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEの多い食品はおススメです。
アレルギーによって炎症が起こると、そこに大量の活性酸素が発生して症状が悪化します。抗酸化性のある3つのビタミンA・C・Eはアレルギーの予防効果が期待されているのです。

○ビタミンAの多い食品
 緑黄色野菜・マンゴー・焼きのり・ウナギ・卵黄

○ビタミンCの多い食品
 いちご・キウイフルーツ・グレープフルーツ・芽キャベツ・ブロッコリー・菜の花など

○ビタミンEの多い食品
 植物油・ウナギ・かぼちゃ・アボガド・種実類(ごまやナッツ)など

お肉も全く食べてはいけないわけではありませんよ、肉の好きな人は脂肪の少ない部位を選んで、ももやロースではなくヒレやむね肉を選ぶ。調理法も考えてみましょう、揚げ物はやめて蒸したり、焼いたりとするだけでも油の量はかなり減らせます。


我が家も主人と娘は花粉症。栄養士の免許だけは持っている私、ここは家族のため栄養のバランスを考えた食生活を心がけます!!
今年は花粉の飛散量が多いようですので、みなさんもしっかり予防して花粉に負けない体をつくりましょう手(チョキ)
| 感想

ヒアルロン酸でうるおいアップ


静かなブーム?!のヒアルロン酸かわいい
ヒアルロンさんはもともと体の中に存在しています。細胞と細胞の間にあるムコ多糖類の一種です。
このヒアルロン酸の特徴は驚きの保湿力と保水力exclamation。1グラムで6リットルもの水分を抱え込むといわています、これが高い保水力の秘密なのですねひらめき

年齢を感じさせない潤いのある肌、赤ちゃんのような肌を手に入れたいというのは誰もが願うことですね。
若い頃は体の中にヒアルロン酸はたっぷりあります。でも、このヒアルロン酸は年齢とともに減少していって、乾燥しやすい肌になります。体の中でヒアルロン酸をつくる力が衰えてくるためですあせあせ(飛び散る汗)

ということは、ある程度の年齢になったら意識的にヒアルロン酸の原料を補給しないと、潤いのある肌は保てないということになりますね。では、どんな食べ物にヒアルロン酸が多く含まれているんでしょう?!日頃の食べ物から摂るようにすればよいのでは!?

でも、このヒアルロン酸は動物性の成分。野菜や穀類、フルーツからでは摂ることができないそうですたらーっ(汗)ヒアルロン酸は動物の関節や目と私たちが普段はあまり食べることのない部分に多く含まれているんだそうです。よく食べている部分にはわずかしか含んでいないのです。

日頃の生活の中でレストラン手軽に摂るには栄養補助食品(サプリメント)を摂るということになります。
サプリメントもいまは多くのメーカーから販売されています。ヒアルロン酸にコエンザィムQ10やコラーゲンが配合されているものやコラーゲンドリンクもあります。

ヒアルロン酸は化粧品にも含まれていますが、塗るよりも飲む方が良いそうです。今はヒアルロン酸を飲むだけでなく、体の中でつくられるための原料をサプリメントにして、ヒアルロン酸のつくる働きを高めてくれるようなものも発売されています。

価格や味、飲みやすさ、自分の肌への効果が感じられる、など自分にあったヒアルロン酸の栄養補助食品を生活の中に取り入れて、肌も体もうるおいのある、健康な体を保ちたいですね。
| 感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。